美容室新規開業者のためのWEB活用情報サイト!美容室開業後1年で毎月20~30人の新規顧客を獲得した美容室のWEB活用方法を大公開

美容室開業WEB > WEB制作の注意点 > 制作会社を選ぶ目を経営者自身が持つこと。

制作会社を選ぶ目を経営者自身が持つこと。

ここで皆様にお伝えしたかったことは、WEBの特性を理解して頂き、効果的なWEB活用のポイントを理解して頂きたいということです。

そして、実はもう一つ目的がありました。
それは「制作会社を選ぶ目を持って頂きたい」ということです。

美容室経営をされている方の多くは、実際には美容師として現場に立ちながら経営をされている方がほとんどかと思います。

そのため、ホームページの制作や運用についても、ホームページ制作会社やホームページが作れる知り合いにお願いをしているというところが非常に多いです。

あなたは、ホームページを作るプロだからと思って依頼をされたかと思います。

確かにホームページ制作会社はホームページを作るプロではありますが、集客や売上アップのプロではありません。

そのため、依頼する上で大切なポイントは、その依頼先の制作会社が「WEBマーケティングの視点を持って制作を行っているか?」ということです。

ホームページ制作会社にも得意・不得意があり、どれも同じではありません。
ホームページ制作会社もいろいろなタイプに別れ、デザインが優れている会社、システム構築が得意な会社、検索エンジンでの上位表示が得意な会社、スマホサイト製作が得意な会社、コンサルティングができる会社など様々です。

そのため、ホームページの目的に合わせてホームページ制作会社も選ぶ必要があります。これは美容室でも同じですよね。

また、ホームページだけであれば、誰でも作れる時代になりました。無料や低価格でホームページが作れるサービスもたくさんありますし、書籍や情報もたくさん溢れています。

しかし、それはホームページを作る方法であって、売上アップや集客をするための方法ではありません。

成果を出すためには、ホームページを作る技術・能力以外に、セールスの技術、マーケティングの知識、WEBの特性の理解、プログラミング能力、デザインスキル、経営感覚、ホームページの運用方法、検索エンジン広告の運営管理など実にさまざまな能力が求められます。

にも関わらず、「ホームページが作れる」というだけで安易に制作を依頼してしまうばっかりに、成果の出ないホームページとなってしまうのです。

そして、そのような結果となってしまったのは、最終的には経営者であるあなた自身の意思決定が原因です。

WEBマーケティングについて無知であったために、ホームページを作る人に完全に丸投げしてしまっている。その結果、思うような成果が出ない。

美容室で働く多くの方、とくに独立して美容師として現場に出ながら、経営もしているオーナー様には時間が全くありません。朝から昼まで、休日もあまりなく、あくせくお仕事をされています。美容師としてのスキルアップも求められる中、経営、そしてさらには集客のためのWEB活用の勉強なんて中々できるものではありません。

しかし、だからと言って、WEBマーケティングのことを理解しておく必要はない。業者に丸投げしてもいいという理由にはなりません。

もちろん、制作会社の方からきちんとWEBマーケティングのことをお伝えした上で、成果を出していくための提案ができれば望ましいのですが、前述したとおりホームページ自体は誰でも作れるような時代ですので、皆が皆そのような提案ができるわけではありません。

だからこそ、やはり依頼側である経営者自身がWEBマーケティングに一定の理解を深めておくことが大切です。そうすればきちんとWEBマーケティングの視点を持ってホームページの制作や運用ができるようになります。